公務員はブログを書いてだめなのか

知識全般

はじめに

公務員がブログを書くというのは
「公務員って副業禁止でしょ?」
「守秘義務があるよね?仕事に関することは書いてはいけないよね?」

と思う方もいらっしゃると思います。

おっしゃるとおり、そこはもちろん「アンタッチャブル」(触れてはいけない)

(アンタッチャブルという映画昔ありましたね。)

公務員がブログを書くには法令に違反しないように気を付けなければなりません。

公務員がブログを書いていいの?

結論から言うと、公務員はブログを書いてもOKです。

それをダメと言ったら、Twitterでつぶやくこともできないし、少し古いコンテンツですがmixiの日記も書けないということになります。

公務員がしてはいけないことは一部の例外を除いた副業です。

ブログに広告を貼って収入を得る「アフィリエイト」を公務員がすることが問題とされています。

「グーグルアドセンス」やネットショッピングサイトの商品の記事を書いて自分のサイトを通して商品を購入してもらえると収入が入るのが「アフィリエイト」です。

ただし、そのアフィリエイトについても、本当に副業に該当するかは判例が極端に乏しく、本当にやってはダメかはグレーゾーンと言われております。

広告を貼るアフィリエイトをしていなければ、ブログを書くことは問題ありません。

「守秘義務」や「信用失墜行為」に抵触しないように、ブログ自体を書くことは全然問題ありません。

ですので、ブログ副業をやりたいと考えている公務員の方がいましたら、まず広告を貼らずにブログだけ書いて自分のブログサイトを成長させて、アクセス数によって、広告収入がどの程度か測ることができますので、ブログが成長した段階で公務員を退職して、その時点でブログに広告を貼るというのなら全く副業に該当しないので、一つの手かと思います。

ただし、いつまでブログというコンテンツが広告として機能するかというのは未知数のため、そこは注意が必要です。

職場の許可を取ればブログはかけるはず

職場に副業の申請をして許可が下りればブログにアフィリエイト広告を貼ることは理論上可能かと思います。

しかし、その許可を出す職場はまず無いと思った方がいいでしょう。

YouTubeなどの動画配信による収入はNG

ニュースでたまに、公務員が動画配信をして収入を得て懲戒処分を受けたというのを何度か目にしたことがあります。

動画配信の広告収入はアウトという前例ができています。

公務員がブログを書く理由

自分のスキルアップ

文章を作成する能力は事務職の基本です。ブログで文章を書くには色々調べたりもしますし、知識の向上、文章能力の向上に繋がり、それは仕事に活かすことができると考えます。ですので、休みの日に趣味のブログを書いて、仕事のスキルアップを図れます。

老後2,000万円問題対策

そして、老後2,000万円問題に対する対策です(笑)

「ん?おいおい、広告は貼らないから収入は得られないだろ?」

「そのとおり、公務員を継続している間は、ブログに広告を貼ってはいけません。」

しかし、ブログに広告を貼らずに、コツコツ成長させ、公務員をやめても安定した収入が得られるほどまでブログが成長したところで、公務員をやめて、ブログに広告を貼るという手法があります。

ちなみに、筆者は元公務員で、広告を貼るのは問題ないのですが、雀の涙ほどのアクセス数なので今のところ広告を一切貼っていません。

まとめ

公務員がブログを書くこと自体は問題なく、自身のスキルアップにもなって大変良い。
ただし、「信用失墜行為」「守秘義務」に違反するようなブログは書いてはいけない。もちろん勤務時間中に書くこともできない。

アフィリエイト(広告)を貼ったブログ作成は公務員の禁止事項である「副業」に当たるかはグレーゾーンでリスクが高く現時点では慎むべきです。

もしくはブログを完全に完成させ、更新しなくてもアクセスが稼げるようになって、運営について第三者に完全に譲渡して、例えば家族など。自分は一切さわらないようにすれば収入を得る手段として残すことはできるかもしれません。報酬の名義を家族にして、更新自体は自分でやっていただめだとは思います。

時代の流れは、働き手人口も減少してきたため、副業の解禁の方向に動きつつある面もあります。来るべき時まで爪を研いで待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました