公務員がしていい副業は?ブログアフィリエイトはできるのか?

知識全般

はじめに「公務員は一部の副業を除き禁止」

公務員は副業禁止というのは一般的に知られています。どこかに雇われて副業をし、バレた時には間違いなく懲戒処分を受けます。

働いているところを知り合いや同僚に見られてバレてしまうという確率は高いでしょう。

なぜダメかと言うと、国家公務員法、地方公務員法で下記のように定められているからです。

国家公務員法 第104条

職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。

地方公務員法第38条

職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

よほどのことがないと免職まではないでしょうが、公務員に許された副業以外はやるべきではありません。

国家公務員であるか地方公務員であるか、採用元の条例、規則等で条件が変わる場合や許可を取れば可能な場合もあります。

公務員に認められている副業

株式投資、FX等の投資全般

これは、多くの人が認知しているでしょう。やって問題はありません。仮想通貨(暗号資産)も大丈夫かと思います。

不動産投資

不動産経営も行えますが、一定の規模以内での運用となります。以下に該当すると副業に該当する場合があり注意が必要です。

  1. 一定規模以上の場合
  2. 収入が年500万円以上

太陽光投資

太陽光施設の規模が10KWを越える場合は許可が必要になります。10KW以内で行うのが無難かと思います。しかし、10KWの制限を知らずに投資を行っている方もいるようです。

家業手伝い

家業であれば、許可を取れば可能である場合があります。

農業

自宅が農家であれば、農業を営むことは問題ありません。ただし、大規模であったり、家業でなかったりすると懲戒処分になったケースもあります。

執筆活動

許可を得れば可能ですが、本の出版などはなかなか行うには難しそうです。

講演・講師

申請し許可を受ければ可能な自治体が多いようですが、なかなか講演や講師を狙って副業としてしようとするのはハードルが高そうです。

地域貢献活動

消防団やNPOなどの公共性が高い活動では報酬をもらってもいいとされています。

行っていいかグレーな副業

ブログアフィリエイト

ブログを書くこと自体は公務員でも全く問題ありません。しかし、自分のブログに広告を貼って広告収入を得ると、グレーゾーンとなってきます。ブログを書いていて懲戒処分を受けたという事象を目にしたことはありませんが、口頭注意を受けたというケースはあるようです。口頭注意でも受けると、職場に居づらくなりますよね。採用母体によっては許可を取ればいい場合がありそうですが、ブログをやるのでと許可を取るのはなかなか言い出しにくいですね。

ユーチューバー

ユーチューバーをして懲戒処分を受けた事例が実際にあります。また、ユーチューバーがきっかけで職を辞することになったケースもあるようなので、現状はユーチューバーは厳しそうです。

まとめ

働き手人口の減少により、一般企業でも副業禁止の規定が緩和されてきている風潮があります。公務員についても、公務員も義務に違反しない限り副業を解禁する流れが生れてくるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました