ハワイでも人気の熟成肉「ウルフギャングステーキハウス」が東京にもあったので行ってみた

旅行・食レポ

 ハワイに行った際に立ち寄ったウルフギャングステーキがとても美味しく、東京にも店舗があったので、昨年利用し、その時のレビューを記事にしました。

ウルフギャングステーキハウスとは

ウルフギャングステーキ 六本木店

 ウルフギャングステーキハウスとは、ウルフギャング氏がアメリカのマンハッタンにオープンさせたお店で、アメリカ本土、ハワイなどに出店されています。そして日本にも執筆時5店舗出店されています。
 筆者は今回六本木店に伺いました。
 ドライエージングという方法で、熟成させたお肉を使っており、普通のお肉よりも旨味が段違いとなっています。
 アメリカの牛肉は和牛のようなサシがそれほどなく、赤身の旨味を味わうものです。熟成させているため、肉がとても柔らかく旨味のあるお肉を楽しむことができます。

 下記が公式サイトです。人気店のため予約なしで入るのは厳しいです。公式サイトから予約ができますので、予約してから行くのがオススメです。

Wolfgang's Steakhouse JAPAN
ウルフギャング・ステーキハウス公式サイト

 ウェイターも外国の方が多いので、海外で食事をしているような気分が味わえます。

筆者が食べた「THE WOLFGANG EXPERIENCELUNCH COURSE」

 筆者は今回六本木店に伺いました。
 料金は5,500円~、メニューを少し変えると料金がプラスです。

 コースのスープです。

 ロブスターも美味しいです。

 メインのステーキです。柔らかくておいしいです。ウルフギャングステーキではプライムグレードのお肉がおススメです。

 デザートも美味しくいただけました。食後はコーヒーか紅茶を選べたはずです。

 ランチはリーズナブルにコース料理が楽しめるためおススメです。ディナーは1万円~。熟成肉を是非試してみてはどうでしょうか?

アクセス

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました