ファイナルファンタジーVIIリメイク(FF7R) をプラチナトロフィーまで取った感想

スマホ・アプリ・ゲーム

ストーリーの重要なネタバレはありません。

FF7リメイクとは

1997年にスクウェアから発売された名作FINAL FANTASY VIIのリメイク作品です。FINAL FANTASY VIIはスピンオフの映像作品やゲームも多数あり、その人気が伺えます。

この作品は2020年4月に発売され、ストーリーの1作目の位置付けとなっており、以前のFFVIIの途中までのストーリーをプレイできます。

えっ?途中で終わるの?と思った人も多いかと思われます。

途中までのストーリーでも楽しめます。

途中で終わるから買わないという人もいるようですが、筆者的には大満足です。

FF7の時のかなり序盤の方のストーリーで終わってしまうので、内容が薄いのではないか??と心配するかもしれませんが、FF7には無かった描写が多数あり、ボリューム的には問題ありません。ムービーも大ボリュームで世界観に引き込まれます。

今のゲームは映像作品を見ているような楽しさがあります。

筆者は普通に依頼をこなして約35時間クリアするのにかかりました

マップが無駄に長かったり、同じマップを行ったり来たり、うんていをしたり、ロボットアームの操作が面倒だったり引き伸ばしてる感も少しはありますが、初見は楽しいですよ。

ただ、プラチナトロフィーまでを目指すのは疲れます。そこは後述します。

プラチナトロフィーの難易度 取得所要時間は?

そこまで技術が必要な要素は無いのでプラチナトロフィーを取るのは技術的には簡単です。

ただし、ハードモードのクリアが必要など一周目ではハードモードが出ていないので、実質2周プラスαプレイしなければならず、長時間かかります。作業ゲーで正直疲れます。時間をかければ取れるトロフィーです。

ドレスがトロフィー取得条件なのもあります。正直、ドレスの種類なんて見なくていいでしょう。

ハードモードは雑魚にタコ殴りにされると一瞬で死ぬ場合もあります(笑)

筆者はプラチナトロフィー取得までにトータル約75時間かかりました…

物語を楽しむだけならプラチナトロフィーは目指さなくてもいいかもしれません。

ただし、続編があるので、データをコンバートできる可能性があると考えると、レベルとか裏ボスとか倒したくなっちゃいますよね。

コンバートが無かったら暴動ものです(;´Д`)

レベル上げは不要

FF7リメイクのいいところは特にレベル上げをせずとも、道中の敵を倒しているだけで、進行に十分なレベルになるのでストレスフリーでプレイできます。

たまに強敵も出てきてやられたりもするので、ゲームバランスはとてもいいです(^o^)

キャラクターが魅力的

会話の掛け合いが面白いです。

依頼代金を「支払い中ですけど」とか、「たいしたもんだなぁ」とか、「なんつって」とかエアリスとバレット、ジェシーが特にいいですね。

裏ボスは弱い

ボスの名前は伏せますが、そのボスの前の召喚獣の方が強いという…地味な裏ボスです。

召喚獣の一撃は何もしないと9999ダメージですので、ウォール必須です。

裏ボスを倒すと究極兵器のトロフィーが取得できます。

まとめ

大変オススメな作品なので続編にも期待できます。プラチナトロフィーを取るのは作業が大変なため根気が必要ですが、続編へのコンバートを信じて、やってみるのもいいかもしれません。

あくまでリメイクなので、全然ストーリーが違う部分もあります。しかし、色々なキャラの性格やストーリーが原作よりも掘り下げられており大変楽しめます。ジェシーは元のFF7でもモブキャラのようなものだったのが、今作では前半ジェシー無双です。

途中までと敬遠せずに、プレイしていない方は是非ともプレイをオススメします。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました