海外製品の個人輸入はかなり簡単でお得な件

知識全般

はじめに

海外の製品を購入したいと思ったとき、日本の通販サイトやお店で買うとかなり割高です。

海外の販売価格の4割から5割くらい代金が上がってしまいます。数百円くらいの小物を買う場合は特に問題ありませんが、数万円のものを買ったときにはその割増額は見過ごせません。

筆者は、某ア◯◯ンで購入すると13万円するものを7万円で購入したことがあります。

6万円の節約だー!

と思ったら別払いで消費税の請求をされましたので実質は5万円くらいの節約になりました。

海外製品の個人輸入は難しい?

英語が読めない?

英語読めないし、海外通販は難しいと考えて諦めてしまっている方いません?

今の時代の海外通販は非常に簡単です。

なぜなら、Google Chromeには無料の翻訳機能がついており、ボタン一つで日本語に翻訳してくれます。多少翻訳がイマイチな部分はありますが、商品を購入する程度には間違えることもなく問題ありません。

支払い方法の不安

海外サイトでクレジットカードの情報を入力するのが不安という方もいるかもしれませんが、きちんと公式サイトで手続きをしていれば詐欺られることはないでしょう。自分がアクセスしているサイトのURLはきちんと確認しましょう。これは日本語のサイトでも言えることです。

また、PayPalを使って支払えばより安全性は高いと考えられます。PayPalはアプリをインストールすればすぐに使えます。

詐欺サイトには気を付ける

商品価格が破格であったり、サイトのURLが怪しいなどは気を付ける必要があります。

これは日本語のサイトにも言えることです。

日本のお店で買うメリット

日本語の説明書がついたり、問い合わせがしやすい、保証期間があるなどがあります。

まとめ

海外製品を日本のお店で買うと割高です。少し工夫をして自分で輸入することでお金をかなり節約することができます。

しかし、日本のお店で買うメリットもあり、電気製品であれば日本語説明書がついたり、保証期間があったりなど対応してもらいやすいということもあります。

個人輸入を行うのは何に自分が重きを置きたいか考えた上で行うのが良いでしょう。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました