ZEH(ゼッチ)住宅とは?高断熱の家に実際に住んでみて分かったメリットとデメリット

マイホーム

ZEH(ゼッチ)とは?

ZEHとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。

住宅のZEHとは住まいの外皮の断熱性能等(UA値)を上げ、省エネ等の設備システムを導入し、太陽光発電でエネルギーを得ることによって、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」またはマイナスにする住宅を言います。

ZEHの家ともいいますが、今回はZEH住宅で表記を統一したいと思います。

ZEH住宅とは、Hもハウスの略なので全部英語にするとハウスハウスってなってしまうような??ネーミングがいまいち??

ざっくり言うと、この住宅は月にかかる高熱水費よりも太陽光発電システムによる発電するエネルギーの方が多く、売電もできるため、エコの他に財布にも優しい仕様の住宅です。

政府がそういった住宅を推奨しており、今後はZEH住宅仕様の家が増えていくことでしょう。

ZEH住宅を建てて実際に住んでみたので、オススメな点とオススメできない感想を記事にしました。

ZEH(ゼッチ)住宅の仕様

とてもざっくり説明します。この他にも必要な仕様はあるかと思いますが、主だったものを記載します。

  • 高性能なエアコン設置
  • 窓がトリプルサッシだったり、断熱材が高性能で、家の断熱性が非常に高い。(UA値が高い)
  • ソーラーパネル設置(発電容量が大きい方が良い)
  • 電力の使用状況のモニターがついている。
  • 換気システムが第一種換気で、熱交換がされ、例えば外気が0度としても、換気で入ってくる温度は熱交換により0度よりも高くなり寒くない。

現在、ZEH住宅は高額な補助金が貰える

国がZEH住宅を広く普及させようとしているため、ZEH住宅に対して現在は補助金が支給されます。いつまで続くかはその年に支給があるか発表されないとわかりません。

ZEH住宅で70万円の支給、さらに厳しいZEH+という基準を満たすと115万円を支給されます。

その他に、国や住んでいる自治体で太陽光発電システム設置の補助金を支給しているところも多いです。最大10万円くらいです。

ZEHや太陽光発電が標準化されるとおそらく補助金支給は終わるのではないかと思います。

今のうちにZEH住宅を建てるのはおススメですね。

ZEH(ゼッチ)住宅にして良かった点

家が暖かい、涼しい

ゼッチ住宅を建てる最大のメリットはこれでしょう。筆者は昭和に建てられた実家に住んでいたので、冬の朝に起きると布団の外は氷点下ということもありましたが、ゼッチ住宅は外が氷点下でも室温はエアコンをつけていなくても10度くらいには保たれています。

お風呂場で、服を脱ぐと急激に体温が下がり、風呂に入ってあったまり、また外に出て寒くなり、心臓に負担がかかるヒートショックで死んでしまうリスクが激減します。高齢の方にはゼッチは特にオススメかもしれません。

エアコンをつけっぱなしでも電気代が安い

エアコンをつけたり消したりするよりもずっとつけていたほうが電気代が安いという都市伝説がありますが、ずっとつけていたほうが結局は高いです。

ただ、ゼッチ住宅は断熱性能が高いため、エアコンをつけっぱなしにしても電気代は全く高くありません。太陽光の売電の収入の方がゼッチでは高いです。

高性能エアコンを2台可動しておけば、家全体を24時間暖かくや涼しくしておけます。

家の窓が結露しない

トリプルサッシで、空気の層が2つあるため、外の冷気がほとんどはいってこないため、窓が結露しません。

窓の水滴によってカーテンや壁紙にカビが生えて空気中にまうというリスクがゼロになります。壁紙も痛む心配がありません。

高熱水費が実質かからない

電気代と水道代を足しても真冬を除けば太陽光発電システムの売電額の方が高い!真冬でもオール電化住宅の電気使用量よりも発電量の方が高く、電気代の収支はプラスでした。※曇りの日数により変動すると思いますが。

冬以外は水道代を含めても収支はプラスになります。

月々の光熱水費が実質かからないというのは理想的ですね。

ゼッチの家はガスでもできますが、ガスの基本料もかけないためには、オール電化住宅が良いかと思います。

熱交換気システムで空気がキレイで暖かい

2003年以降に建てられた家は換気システムが必ずついていますが、室内の温度が失われるのは多くは換気によるものと言われています。冷たい外気を直接取り入れ、暖かい空気を排気するのではなく、熱交換気によって熱エネルギーを回収するので、暖かく、高性能のフィルターがついているので、PM2.5や花粉などで室内が汚染されることもないので室内の空気は快適です。

電気自動車の充電プラグがついている

私が建てたハウスメーカーでは充電プラグが標準でついていました。地味にうれしいです。

まだプラグインハイブリッドとか電気自動車は持っていませんが、次の車はそういったものにしようかな。

ZEH(ゼッチ)住宅のデメリット

イニシャルコスト(初期費用)が高い

初期費用が高いことが唯一にして最大のデメリットです。

私の利用したハウスメーカーではZEHではない家の仕様も扱っていましたが、ZEHではない家と同じ間取りでZEHの家を建てると、かかる費用が1.5倍となりました。

月々の光熱費がかからない分を相殺して、ローンの支払いが増えるイメージでしょうか。

加えていえば、性能の高い機器を使用しているため、故障した際のメンテナンス費用が未知数であると言えます。

ZEH住宅を建ててよかったか?

答えはイエスです。

初期費用が掛かる問題よりも、快適な家に住めるメリットの方が勝っています。

日々の光熱水費がかからないので初期費用分のコストをペイできて、快適に過ごせるので問題ありません。補助金も出たので、外構費にあてることもできましたし。

快適に過ごせるZEHの家、これから家を建てる方は是非とも検討してみてはどうでしょうか?

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました