カッパの伝説で有名な遠野の「カッパ淵」とは

岩手 Iwate Travel

土淵町の常堅寺裏を流れる小川の淵にはカッパが多く住んでいて、人々を驚かし、いたずらをしたといわれています。
澄んだ水がさらさらと流れるカッパ淵は、うっそうとした茂みに覆われ、今にもカッパが現れそうです。淵の岸辺には、カッパ神を祀った小さな祠があり、子持ちの女性がお乳が出るようにと願ををかけるとかなうといわれています、願かけには、赤い布で乳の形を作り、この祠に納めるのが習いとされています。

遠野観光協会

カッパ淵を見に来る観光客はけっこういます。

カッパ淵近くではカッパ捕獲の許可証を売っています。許可証なしにカッパを捕ると密漁になってしまうので注意です(笑)

カッパ淵に行くときは近くに無料の駐車場がありますのて、そこに停めましょう。

カッパ淵の風景

カッパ淵のあるお寺の入り口です。

お寺から入って、カッパ淵のスタート地点です。行った日は雨が降っていて、いかにもカッパが出そうな雰囲気、カッパに会えるのを期待です。

自然がキレイなところです。今回は川が増水してますが、増水していないときは小川のせせらぎが素敵ですよ。

カッパを釣るための釣り竿が設置してあります。もちろんエサはキュウリ(笑)

カッパ捕獲許可証を手に入れてから捕獲しましょう。ただし、捕獲許可証が無くても罰則はないということですので、安心して下さい\(^o^)/

カッパの石像が置かれています。

カッパ淵をくまなく探しましたが、行った日は、カッパを見つけることができませんでした(;´Д`)

近くにある、遠野の歴史などを知ることができる伝承館の売店に捕獲許可証が売っていました。

河童を捕まえることができれば、巨万の富を得られると思うので、220円の捕獲許可証はお買い得ですね♫

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました