鬼滅の刃などの漫画を安く、または実質無料で読む方法

実験・検証

鬼滅の刃とは

週刊少年ジャンプの人気作品で、書店で売り切れが続出した漫画です。

アニメ化により人気に火がついた作品ですね。

アニメはテーマ曲とか、音楽と戦闘シーンがマッチしててカッコいい作品でした。

筆者はアニメから入った組でした。

2020年5月に発売されたジャンプで最終回を迎え、ジャンプでよくある引き延ばしもなくスッパリと終わり、それがまた称賛され話題性を呼んでいます。

筆者も最終回を迎えたことで、まとめて読むかと思った口でした。

ジャンプの引き延ばしによる被害と言えば、北斗の拳の修羅の国編とかは黒歴史でしかないです。。。

ただし、例外もあり、ドラゴンボールは魔人ブウ編まで含めて面白かったです。その後の超も面白かったです。

鬼滅の刃を全巻安く、または無料で読む方法を検証

この記事では違法な方法で無料で読む術は紹介していません。

記事執筆時は発売されている21巻分で値段を検証しています。完結は23巻ですがまだ発売されていません。

コミックスを全巻買う

鬼滅の刃全巻の値段は第1巻~第11巻までは400円+税、第12巻以降は440円+税となっています。

2020年7月時点で21巻まで出ていますので、全巻購入すると9680円です。

読むだけでなく、コミックスを自宅に置いておきたい、読み返したい、家でゆっくり見たいという方は1万円弱で購入しましょう。

ちなみに、完結は23巻のようですので、全巻発売された時点で購入すると10648円となります。

電子書籍で購入する

電子書籍での購入は実際の本を買うよりも数十円安く購入することができます。

コミックスを買うのと同様、家でゆっくり読みたい、読み返したいという方にはコミックスを買うより少しだけやすく購入できる方法です。

ただし、読まなくなったら古本として売るということができないのがデメリットでもあります。

筆者はアナログな人間なので、形に残らないものにお金を払うのにちょっと抵抗があったりします。

中古本を購入する

中古本はお店にもよりますが、1冊300~350円くらいで人気漫画は売られていますので、6000~7000円くらいで全巻を購入することができます。

ただし、中古本が一つのお店で全巻そろっているのは稀だと思います。何件か回らなければならない労力を考えると新品で購入してしまってもいいのではないかと思います。

書店などで立ち読み

稀にビニール包装されていない書店で立ち読みできるかと思いますが、立ち読みは違法ではありませんが、立ち読みはさらっと本の中身を確認するためのもので、全巻立ち読みしてしまうのはマナー的にNGだと筆者は思いますので、この方法はオススメできません。

そして立ち読みは疲れます。

コミックスをレンタル

ゲオなどでコミックスをレンタルするとすると1冊100円程度で借りることができますので、約2100円で全巻を読むことができます。

ただし、鬼滅の刃は人気なので、常にだれかに借りられていてうまく借りることは難しいです。

全巻まとめて借りられたらラッキーですね。

漫画喫茶、インターネットカフェで読む

筆者がおススメする方法はインターネットカフェで読む方法です。

スマホの普及でインターネットカフェは廃れていくのかと思いましたが、漫画本などに力を入れているように感じます。最新刊もきちんと入荷されています。

筆者はこの方法で鬼滅の刃を全巻読みました。

全国展開している快活クラブを今回利用しましたが、個室ブースではないところで6時間パックを利用すると950円で全巻読むことができます

ただし、先客がいる場合読めない場合もありますので、要注意です。

快活クラブはソフトクリームが無料だったり、フリードリンクも豊富、スープ類もありますので、ソフトクリームを食べたり、コーヒーを飲んだりすれば、飲食代だけで950円なんてすぐかかってしまうくらいです。

ある意味実質無料で鬼滅の刃を全巻読むことができます

少し値段は上がってしまいますが、個室でゆっくり読むということもプランによっては可能です。

3時間パックは590円なので、1日で読破せず2回に別けるのもありですね。

鬼滅の刃を全巻読むのにかかる時間

筆者は、漫画を読む速度がそんなに早くはありませんが、鬼滅の刃を1巻~21巻まで読むのに休憩なしで5時間50分かかりました。

全巻読むと、1日潰れてしまいますね(;^ω^)

インターネットカフェで読破を考えている方は参考にしてください。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました