投資せずともリスクなくお金を貯める方法「借金とエンゲル係数を減らす」

知識全般

はじめに

投資はリスクを伴います。お金を増やそうと投資をしても、お金が逆に減ってしまう場合もあります。

そんなリスクを冒さずに資産を増やす方法を独自視点で紹介します。

ただし、投資を否定するものではなく、しっかりと勉強して考えてする投資はとても有効だと思います。

その1の記事

支出を減らす方法

投資をせずとも資産を増やす方法は、支出を減らすことであると前回記事でも紹介しました。収入に応じて支出を調整することで、よりよい資産形成ができるのです。

そんなの当たり前だと思うかもしれませんが、独特の理論でその具体的な方法を紹介しますので、まず続きを見てみて下さい。

借金、ローンを減らす

車のローンやフリーローン、ローンの利率は車のローンなら5%程度だったり、カードローンだったら10%だったりします。

例えば100万円を借りたなら、5%の利率なら年間5万円、10%なら10万円利子として支払わなければなりません。徐々に返していくので、あくまでおおよその数字ですが。

車をフルローンで300万円でも借りようものなら、5年完済で金利5%だったとすると、びっくりする金額を支払わなければなりません。総支払額は約340万円で40万円も利子として支払わなければなりません。

車を少し値引きするよりも、ローンを使用せずに車を買うほうが実質的に車を安く買うことができます。

投資をする前にローンでの買い物を減らすのも重要な資産形成の要素であると思います。

食費(エンゲル係数)を減らす

支出の多くを占める食費ですが、食べ物の量を切りつめて、ひもじい思いをしたら、健全な生活ができず元も子もありませんので、そういった切りつめではなく、ちょっとした工夫で食費を減らせるということを紹介します。

満腹の時に食品を買おう

お腹が減っている時は、無駄な食品まであれよあれよと買ってしまう傾向があります。逆に満腹の時に買い物をすれば、食品を買おうという意欲が減少し、必要なものだけを買うようになります。ぜひ一度お試しください。

スーパーの値下げ商品を買おう

これは、個人的にはかなり有効な手法かと思います。デメリットもありますので紹介します。

スーパーは夜になると賞味期限がせまってきた商品を割引します。

だいたい、閉店2時間前で総菜、弁当、お肉、魚などが半額に値引きされます。

閉店1時間前には75%OFF程度になるものもあります。

値引き時間は店舗により、その日によりまちまちですので、何度か利用し傾向をつかみましょう。

全ての食品が半額になるわけではありませんが、トータルの食費を三分の二程度に圧縮できる可能性があります。

普段は「100g 580円」などというこんな高級な肉は絶対買いません。

値下げ後に買うことで普段食べないような食材をゲットすることもできます。

注意点としては

・消費期限が近いので買いすぎには注意です。
・半額商品だけ買っていると、周りから「プークスクス」が聞こえてくるかもしれません。知り合いに見つかると目も当てられません。見つからないように迅速に商品をゲットし、離脱しましょう。
・毎回同じ店を利用していると、また半額の時間に来ていると思われるかもしれませんので、いろんなお店に分散していきましょう。

値下げ商品ゲットは羞恥心との闘いでもあります(;^_^A

だがしかし、消費期限の切れた食品は廃棄されます。

食品ロスを減らすため、値下げ商品を買うのはエコ活動でもあるんです。

エコ活動の大義名分を掲げてスーパーへ行きましょう!

余談ですが、昔、ベン・トーというスーパーの値下がり弁当争奪戦のアニメがあったことを思い出しました。

まとめ

お金を貯めるには支出を見直すことが肝要であたりまえです。でも、それがなかなか難しい。

でも、お金持ちほどケチな人も多いといいますよね。

収入と支出のバランスを考えれば、収入が少なくてもお金は貯まってくるのだと思います。

今回紹介した手法が当たらずも遠からずと言うように何かに活かせる部分を記事を読んだ方が見出して貰えたならば幸いです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました