Go To Eatで平禄寿司に行ってみた。くら寿司が近くにないので無限くら寿司の代わりに。

旅行・食レポ

はじめに

政府が景気対策に打ち出したGo To Eatキャンペーン、食事をするだけで、ランチで500ポイント、ディナーで1000ポイント貰えます。

最初は、ユルユルの制度だったため、300円程度の料理で700ポイント儲けが出るような「トリキの錬金術師」などという言葉もでてきましたね。そんな制度設計甘すぎだろと思いましたけどね。

飲食額の半額とかでだめなんですか!?

家族は、「鋼の錬金術師と何か関係があるの?」などと言っていましたが、まぁネーミングの元はそこなのかなと思います。

現在は人気に鬼滅の刃の無限列車にかけて、「無限くら寿司」なるものも出てきましたと、テレビでやっていました。

無限列車、テレビアニメ版の最後は下弦の累が強すぎるだろと絶望していたのですが、鬼滅の刃もパワーインフレが半端なくなってきたなという感想です。

戸愚呂がB級妖怪だとというくらいの衝撃です。

話がそれました…

無限くら寿司は、ディナーで1,000円以上飲食すれば1000ポイントもらえるので、初回後は毎回1,000ポイント分飲食すれば無限に無料でご飯を食べられるというシステムです。

このシステムをテレビでも紹介しているので驚きです。この制度もなんだかなと思います。情報に強いものだけが得をするのではなく、国民が平等に業界を利用して、貢献できるような制度にすればいいと思うのですが。

そのために、頭のいい方が国家公務員、官僚になるんでないのですかね??

情報に強いものが得をする、今は情報が全ての社会なのだなぁと思います。

世知辛い。

ゴートゥートラベルも最初は「え!行くの?」みたいなマスコミの流れでしたが、今は高級ホテルがこんな価格で泊まれます。行っていいんです。みたいに流れが変わってきて

「何を言っているのかよくわからないよ」

と筆者は思ってきました。

GOTO使わないなら使わないで、いつか絶対増税になるので、使わない人だけが損をする状況だと思います。

筆者はさすがにGoToTravelで遠出をしようとは思えません。

どうぞ旅行行ってきてくださいという社会の流れですが、いざ感染が発覚した場合は、何をやっているんだと手のひらを返される風潮です。

黒ひげ危機一髪です。

まぁ、話題乗るのが好きなので、試しに一度「Go To Eat」を利用してみました。

無限くら寿司をしたかったのですが、筆者の住む近所にくら寿司はおろか回転寿司はなかったので、無限くら寿司の代わりになりそうな同じ回転ずしの平禄寿司に出張の際にいってきました。

YAHOO!ロコで予約 「平禄寿司」

Go To Eatの登録店舗は、居酒屋関係が多いですね。居酒屋でGo To Eatを使っても、お通し代でポイントを半分持っていかれるので、お得に使うなら居酒屋以外の飲食店での利用が望まれます。

筆者は田舎住まいなので対象施設が少なく、、無限くら寿司のように1,000円でお腹がいっぱいになる候補は出張先にある回転ずしの「平禄寿司」でした。

Go To Eatを使うにはネットで予約しなければならないというのが面倒ですよね。

マイナンバーカードでピッとすれば、一人2回まで還元を受けられるとかにすれば、マイナンバーカードが普及するんじゃないですかね。

YAHOO!ロコで予約してさっそく平禄寿司に行ってみました。

私「予約してたんですが~」

店員「???」

普通予約しないようなお店なので、Go To Eatの対象で予約してくる客がいるなんぞ把握していないようでした。

ただ、会社としては、こういう制度に登録したなら社員教育はしていただきたかったですね。

食べた後も、1,000円以上食べたのですが、入店時のチェックインも無いし、食べた額を登録する

タイミングもなく、ポイントを貰えるのか不安になりました。

店員もGo To Eatのことさっぱり把握していないようでしたし…

ポイントがしっかり貰えたなら追記したいと思います。

平禄寿司の感想

平禄寿司は100円メインの回転ずしに比べて高級感がありますが、100円メニューも意外と豊富なので、1,000円でお腹いっぱいにもなれます。

80円のメニューや100円で3貫食べられるメニューもあり、ある意味お得かもしれません。

今どきのオートメーション化された回転ずしと違い、昔ながらの回転ずしの雰囲気も味わえます。

まとめ

Go To キャンペーンは使わないと損です。なぜなら、増税は平等にくるだろうからです…本来なら、国民が平等に業界に貢献できるシステムにしてほしかったところです。

試しに皆さん使いましょう。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました